ワードプレスのSEO対策!知っておきたい10設定とコツを徹底解説

SEOの知識

こんにちはTana@seoといいます。ここではワードプレスそのもののSEO対策について詳しく解説していきます。

ワードプレス(Wordpress)といえば世界的に有名なもっともサイト作成に使用されているCMSで、すでにワードプレスを使うだけでSEO対策になるともいわれGoogleからも推奨されています。

ブロガー、Webマーケティング、ウェブライターなどに多く使われている、また初心者にも使いやすい人気のワードプレスをさらにしっかりとSEO対策していきましょう。

ワードプレスのSEO対策①ダッシュボード

ワードプレスのSEO対策①ダッシュボード

ホーム

ワードプレスのダッシュボードにあるホームでは「サイトヘルス」でSEO対策ができます。

サイトヘルスとはワードプレスの健康状態を表す項目で、スパムのリスクなどから守るための改善方法を総合的に表示してくれるという便利な機能です。

サイトヘルス

ホーム画面にある「サイトヘルスステータス」に改善できる箇所が数字で表示されるので、改善案に従って対応していくだけでワードプレス全体を健康な状態に保つことができます。

とくに難しい操作もなく誰でも簡単に改善できるので、初心者でもサクッとワードプレスのSEO対策に効果的な施策ができるおすすめの方法になります。

更新

ワードプレスのダッシュボードにある「更新」では、Wordpress自体、テーマ、プラグインなどのアップデート情報が表示されます。パーツが古いままワードプレスを使うよりも最新状態に更新することでSEO対策にもつながります。

更新ボタンの横に「❶❷❸‥」というふうに数字が表示されていれば更新情報があるという合図なので、更新ボタンを押して各項目をアップデートしていけばOKです。

ワードプレスのSEO対策②投稿

ワードプレスのSEO対策②投稿

カテゴリー

個別記事を分類するときに使うカテゴリーですが、記事数が少ないときはカテゴリー設定をする必要はありません。ただし記事数が多くなってくると検索ユーザーが目的の記事を見つけにくいので、カテゴリーで分類するのがSEO対策にもおすすめです。

カテゴリーの分類は3階層以上になるとクリック回数が多くなりSEO対策としてもマイナス要因となるので、できれば2階層までに抑えることがポイントです。

またパーマリンクの項目でも詳しく解説しますが、パーマリンクの設定によってはカテゴリー名がドメイン横に表示されるため「ドメイン名と被らないように」設定することもポイントになります。

ドメイン名と同じ文字列が被ってしまうとSEO対策としてマイナス要因となるので、カテゴリー名(とくにスラッグ部分)へ入れる文字列には注意が必要です。

タグ

GoogleがいうにはSEO対策としてタグについては重要視しておらず、とくに注意する部分はありません。

タグを設定してもしなくてもいいですが、検索ユーザーが求める記事を見つけやすいように設定しておくとUX(ユーザー満足度)が上がりやすくSEO対策として効果的かもしれません。

ワードプレスのタグについては、そこまで神経質にならなくていい部分です。

ワードプレスのSEO対策③メディア

ワードプレスのSEO対策③メディア

ワードプレスのメディアについてはとくにSEO対策として重視する部分はありませんが、強いて言えば「ライブラリ」に少しだけポイントがあります。

ライブラリ

ワードプレスのメディアにある「ライブラリ」では、これまでにインストールした画像がすべて格納されています。この画像類はすべてサーバーに収納されており、画像数が多くなるほどサーバーの動作が重くなっていきます。

サーバーの動作が重くなると画面表示が遅くなり、ユーザーエクスペリエンス(UX)が低下するためSEO対策としてマイナス要因となる可能性があります。

したがって少しでもメディア内の不要な画像を消しておくことで、サーバー内に収納されているメディアを減らすことへつながり結果的にわずかですがSEO対策となります。

ワードプレスのSEO対策④固定ページ

ワードプレスのSEO対策④固定ページ

ワードプレスの固定ページでは「運営者情報」「プライバシーポリシー」「お問合せ」は最低でも作っておくことがSEO対策に貢献するポイントです。

これらの情報はGoogleが重視するE-A-T「Expertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)」に対しても重要で、これらのページを作ることはかなり効果的なSEO対策になります。

またこれらのページに素早くアクセスできることもSEO対策として大切で、フッター部分などからこれらのページへリンクを貼っておくなども効果的な対策になります。

ワードプレスのSEO対策⑤コメント

ワードプレスのSEO対策⑤コメント

ワードプレスのコメントという項目は、いわゆる「コンテンツマグネット」につながるためSEO対策として効果的な部分になります。

コンテンツマグネットというのはマーケティング用語で「自動的にコンテンツが集まる仕組み」になり、コメントをもらうことでサイト内の内部対策にもつながりSEO対策として効果的な部分となります。

コメント横に数字が表示されていればユーザーから意見が寄せられていますので、なるべくそのコメントに対して答えていくことがSEO対策につながります。

ワードプレスのSEO対策⑥外観

ワードプレスのSEO対策⑥外観

テーマ

ワードプレスに初めからインストールしてあるSEO最適化されたテーマを使っておけば問題はありませんし、しっかりと内部対策が施してある無料テーマなどをインストールして使っても大丈夫です。

SEO対策としてマイナスになるのがSEO最適化されていないテーマを使うことで、CSSやHTMLなどに余計なコードや理論的に乱れたコードが入っているとSEO対策としてマイナス要因となってしまうので注意が必要です。

ワードプレスで使うテーマを外部インストールする場合には、有料テーマでも内部コードが最適化されていることを確認しておくのが重要。動作が重くなったりGoogleクローラーが正しく読み取れずSEO対策にマイナスとなる場合もあるのでしっかりとチェックしておくべきです。

ちなみに私が使ってるワードプレステーマがこれ。

定番で使ってるワードプレステーマ「AFFINGER5」

AFFINGER5

私の場合は「WING(AFFINGER5)」はずっと昔からの定番で使ってます。

アフィンガー4のころから使い続けていますが、初報酬を手にできたのもアフィンガーで上位表示できたおかげ。内部SEO最適化もしっかりとされて無料テーマでは上がらなかったサイトもこの通りです。

新たに使い始めた「アンプレート」

アンプレート

これからのSEO対策はスマートフォン最適化が求められるため「AMP化」は必須条件になってきます。

そこで私が選んだワードプレステーマがAMP対応の「アンプレート」。最近になって使い始めましたがあと一息!だけど上がりきらない!というサイトに導入した結果はかなり良好な感じです。

実際に導入した結果WING(AFFINGER5)はサイト構成がしやすく全般的に強いテーマ。アンプレートはとにかくAMP対応したいときには間違いなくおすすめのテーマという印象です。

また無料のワードプレステーマはCocoonを使ってますが、有料でもないのに内部SEO対策済みでプラグインも最小限で済むためかなり良い感じで使えるテーマです。(このサイトもCocoon)

カスタマイズ

ワードプレスのカスタマイズで設定しておきたいのが「サイト基本情報➝サイトアイコン」です。

サイトアイコンはファビコンとも呼ばれ、検索画面上でタブのところに設定したアイコンが表示されるという機能。Googleはこの部分も重視しているのでSEO対策として効果的です。

サイトアイコンはどんな画像でもいいですが、できればそのサイトと一目でわかるほうがおすすめ。

サイトに自分の写真を掲載していればベストな画像になるし、代わりに設定しているキャラクターの画像をサイトアイコンにしてもOKです。

ウィジェット

ワードプレスのウィジェットは便利な機能ですが、あまり表示させる項目を詰め込み過ぎると表示速度が遅くなってSEO対策にはマイナスになることがあるので注意が必要です。

最低限に表示させたいウィジェットのみにしてムダと感じる項目はなるべく避けることで、サイト全体の表示速度が遅くなりすぎずユーザー満足度が上がりやすくなります。

メニュー

いわゆるグローバルメニューに当たるのがワードプレスの「メニュー」という項目で、検索ユーザーが目的の情報を探しやすいという理由からSEO対策として効果的になる部分です。

したがってメニュー設定をしないよりも行ったほうがおすすめで、サイト全体をサクッと見渡せるようにしておくとよりプラス効果を期待できる部分になります。

背景

この背景という項目は、コンテンツバックの背景を設定する部分です。

背景は設定しても構いませんが、表示速度を優先してよりSEO対策をしたいのなら辞めておいた方がいいです。とくにスマートフォンでは背景まで見ることはできないので蛇足になってしまいます。

ワードプレスのSEO対策⑦プラグイン

ワードプレスのSEO対策⑦プラグイン

ワードプレスに導入するプラグインは「必要最低限」が原則です。

たくさんプラグインを入れると読み取りに時間がかかって表示速度が極端に遅くなってしまい、かなりSEO対策にはマイナス要因となるため闇雲に増やすのはおすすめできません。

プラグインには表示速度を速めるなど「SEO対策系」、画像のエフェクト効果など「便利系」がありますが、導入すべきは「SEO対策系」だと感じています。

便利系のプラグインはとくに動作が重い場合が多いため、あまりおすすめできません。

また最近ではワードプレスのアップデートに伴って、プラグインを自動更新してくれるよう進化しています。プラグイン設定から簡単に自動更新へ切り替えることができるので、SEO対策としてここも設定しておくことをおすすめします。

ワードプレスのSEO対策⑧ユーザー

ワードプレスのSEO対策⑧ユーザー

ユーザーに関してはとくにSEO対策となる部分はありませんが、間違ってはいけない注意点が「名前を間違えないこと」になります。

とくにキャラクター名などでサイト作成をする場合はユーザー名とキャラクター名が違ってしまう場合もあるので、同じ名前になるようにしておくことがマイナス要因を避けるためのポイントになります。

また複数人でワードプレスを更新していく場合なども間違ったユーザー名を使ってしまう可能性があるので、しっかりとチェックしておくことが大切です。

ワードプレスのSEO対策⑨ツール

ワードプレスのSEO対策⑨ツール

ワードプレスのツール項目では「サイトヘルス」がSEO対策に効果的です。

この項目については、冒頭のほうで解説したサイトヘルスと同じなので省略します。

ワードプレスのSEO対策⑩設定

ワードプレスのSEO対策⑩設定

メディア

ワードプレスの設定項目でやっておきたいのが「メディア」で、写真や画像をインストールしたときに「幅の上限」「高さの上限」を自動的に変更してくれる機能です。

とくにメディア関係はデータ量が大きく表示速度が遅くなる最も大きな原因となるため、なるべく余計なデータは省いて必要最低限の大きさでインストールすることがSEO対策に効果的です。

この設定のメディアからサイズ変更ができるので、あらかじめ設定しておくことがおすすめです。

パーマリンク設定

設定項目の「パーマリンク」はとても重要な部分で、記事数が増えてからパーマリンク設定を変更するとかなり膨大な作業量になるので初めから最適な設定しておいた方がおすすめです。

ワードプレスを開設した当初のパーマリンク設定は「基本」になっていますが、このままではドメインの後に続いて「p₌123」といった表示になるためSEO対策としては不足です。

記事の目標キーワードを表示されたほうがSEO対策に効果的なので、パーマリンク設定を「投稿名」または「カスタム構造」に変更しておきます。

パーマリンク

パーマリンクを「投稿名」にした場合は記事作成時に自分で好きな文字列を入力できるので、目標キーワードに沿った文字を入れることでSEO対策に効果的なパーマリンクとなります。

また「カスタム構造」はさまざまな設定ができますが、おすすめは「カテゴリー&投稿名」です。

この場合は画像のように「category」「postname」を選んで設定すればOKで、ドメイン名の後につづいてカテゴリー名と先ほどのように自分で設定した文字列が並びます。

ただしカテゴリー名や自分で設定した文字列がドメイン名と被るのはSEO対策としてマイナスになるため、同じ文字列にならないよう設定することが重要になります。

【超重要】SEO対策のキーワード設定について完全解説【初心者向】
SEO検定1級保持者のTanaが「SEO対策のキーワード設定」について完全解説します。初心者向けのSEO対策になります。

まとめ

ワードプレスのSEO対策について解説してきました。とくに初心者向けの簡単で効果的な設定方法になりますのでぜひ実践してみてください。

  1. ダッシュボード
    ホーム‥サイトヘルスステータスを確認して健康状態を保つ。
    更新‥古い要素を失くして最新に保つ。
  2. 投稿
    カテゴリー‥ドメイン名と被らない。
  3. メディア
    ライブラリ‥なるべくデータ量を小さくして軽くする。
  4. 固定ページ
    最低限3つのコンテンツは必要。
  5. コメント
    コンテンツマグネットを意識。
  6. 外観
    テーマ‥内部SEO最適化をしてあるテーマを選ぶ。
    カスタマイズ‥サイトアイコンを設定する。
    ウィジェット‥増やしすぎると重くなる。
    メニュー‥サイトの全体像が見えるようにする。
    背景‥設定すると重くなるしスマートフォンでは見えない。
  7. プラグイン
    必要最低限だけにとどめる。
  8. ユーザー
    ユーザー名が違わないよう注意する。
  9. ツール
    サイトヘルスステータスを確認する。
  10. 設定
    メディア‥ムダがなくなる大きさのサイズ設定。
    パーマリンク設定‥投稿名かカスタム構造を選ぶ。

解説してきた10項目についてしっかりと設定をすれば、かなりSEO対策に効果的です。

ワードプレスを使うだけでもSEO対策の効果が期待できる上に、さらにより検索結果の上位表示につながる濃い対策が可能になります。

ぜひ、こちらも覗いてみてください。

SEO対策におすすめの資格!実際に受験したSEO検定の詳しい感想
SEO対策におすすめの資格として唯一ともいえるのが「SEO検定」です。実際に受験したSEO検定の詳しい感想や口コミ評判を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました