SEO対策でペナルティを避ける「正しい外部リンク」を完全解説

SEO対策でペナルティを避ける「正しい外部リンク」を完全解説 SEOの知識

こんにちはTana@seoといいます。今回はSEO対策のなかでも超重要な「正しい外部リンクについて詳しく解説をしていきます。

たとえば、

  • SEO対策をしているのに検索順位が下がってしまう‥
  • Googleからペナルティを受けてしまった‥

ということが起きていれば、それは「正しい外部リンクではない」のかもしれません。

Googleは2012年のペンギンアップデートを皮切りに、不正な外部リンクなどを撤廃するために動いています。つまり「不自然な外部リンクはペナルティの対象になる」ということ。

そこで正しい(自然な)外部リンクについて7つの項目で解説しますので、ぜひ自分のウェブサイトと比較をして不自然な部分がないかチェックしてみてください。

IPアドレスが分散していること

IPアドレスが分散していること

とくに自作自演で外部リンク対策をしている場合に多いですが、同じレンタルサーバーに設置したドメインから外部リンクを送ると同じIPアドレスになるためSEO対策効果は期待できません。

同じIPアドレスばかりから多くの外部リンクが貼られていると自作自演が丸わかりで、あまり数が多くなるとペナルティの対象となってしまうので注意が必要。つまり「自然な外部リンクではない」と見られます。

自然な外部リンク

自然な外部リンクであれば、様々なIPアドレスからリンクを貼られるのが普通。

中には「IPアドレスは関係ない」と教えるコンサルタントもいますが、一般的に考えるとわかるように至って不自然でほぼ効果のないSEO対策になります。

同じIPアドレスのウェブサイトから外部リンクを貼るのは多くても2~3つまでで、あとは無料ブログなどからリンクを送るなどで自然な形にすることができます。

関連性があること

関連性があること

よく「関連性のある外部リンクがSEO対策に効果的」といわれますが、自然な姿のほうが効果は期待できると考えれば正しい解釈になります。

外部リンクは増やすだけではほとんどSEO対策としての効果は期待できず、クリックされてトラフィックが生まれることでリンクを貼った側のサイトが「流入元」となり初めて効果が期待できます。

クリックされてトラフィックが生まれること

まったく関連性のないジャンルのサイトから外部リンクを貼ってもクリックされなければ意味がなく、逆にマイナスのSEO対策となる場合もあるので闇雲にリンクを貼ることは避けることがおすすめです。

外部リンクの概念は「より詳しい情報をこのサイトでどうぞ」という意味を持つので、その意味をしっかりと理解した上でリンクを貼ることがSEO対策として効果的です。

クリックされる「陽性リンク」であること

クリックされる「陽性リンク」であること

外部リンクはクリックされることで初めて「陽性リンク」になり、クリック数が多いほど活発な陽性リンクとしてSEO対策の効果が高まります。

クリックされない外部リンクは「陰性リンク」とみなされてSEO対策の効果がほとんど見込めないどころか、そんなリンクが多くなるほどペナルティの対象となる場合もあります。

クリックされる外部リンク

外部リンクは多いほうがいいと思って闇雲に被リンクを送るのではなく、しっかりとクリックされる外部リンクになるかを考えた上で活きた陽性リンクにすることが重要です。

また陽性リンクにするためには貼る位置なども大切なポイントになるので、文章の流れなどからクリックして詳しく見たくなるような位置に外部リンクを設けることがおすすめです。

ディープリンクであること

ディープリンクであること

外部リンクはトップページに貼られる場合がもっとも多いですが、数が多くなるに従って個別ページにも貼られていなければ自然な姿ではありません。

とくに何かの解説をしていてより詳しい情報を伝えるため外部リンクを貼る場合は、トップページよりも詳しい内容が書いてある個別ページへディープリンクを送るほうが自然です。

ディープリンク

たとえば化粧品のサイトで関連する成分について詳しく書いてある個別ページを紹介したい場合など、あえてトップページではなく成分の詳細ページへ外部リンクを送るのが普通。

先ほどの「関連性がある」という部分にも当てはまりますが、このディープリンクというのも外部リンクのSEO対策として大切なポイントになります。

さまざまなドメインエイジであること

さまざまなドメインエイジであること

その昔はとにかく古い(オールド)ドメインから外部リンクを送ることがSEO対策として用いられ効果もありましたが、これもペンギンアップデート以降は通用しない対策となっています。

自然な外部リンクとなるのは様々なドメインエイジからの分散したリンクで、とくに複数の外部リンクがある場合にはどれも同じ年代というのは至って不自然な姿になります。

自然な外部リンク

Googleが評価するのは「自然なリンク」になりドメインの年代もバラけるのが普通になるため、いろいろなドメインエイジのサイトからリンクが貼られることが効果的なSEO対策になります。

昔のように古いドメインばかりから外部リンクを貼るとペナルティの対象となる場合もあり、とくに中古ドメインなどを多用するとかなり危険なので注意が必要です。

正しく運営されているサイトであること

正しく運営されているサイトであること

最近のGoogleはAI技術が進化して、とくに2013年9月に実施されたハミングバードアップデート以降では文章の内容(意図)まで理解できるようになってきています。

さらにその後2019年に実施されたBERT(バート)アップデート以降は、記事内に書かれている単語を1つ1つ分析するのではなく「文脈をはじめ類義語まで」を理解できるよう進化しています。

そのため被リンク元が記事作成ツールなどで書かれ、正しくない文章のサイトから送られる外部リンクの効果はマイナスの影響を及ぼすものとなります。

多少なりとも文章(ライティング)が下手でも自分で記事を書くことが大切で、正しい日本語で更新も行われているサイトから外部リンクを貼ることでSEO対策の効果が期待できます。

マイナスの外部リンク

またコピペを多用したサイトなどから外部リンクを貼ることもペナルティの対象となる場合があり、不正な行為をしたウェブサイトからの被リンクは避ける方が無難です。

また過去にペナルティを受けた中古ドメインなどを使って被リンクを送ることも同じようにペナルティの対象になるので、できれば新規ドメインでしっかりと構築をしたサイトから外部リンクを送ることが大切です。

不自然なリンクの多い中古ドメインでないこと

不自然なリンクの多い中古ドメインでないこと

いまでも中古ドメインを使ってサイト構築をする人がありますが、とくに被リンク数の多い中古ドメインを使うと一時はよい評価を得られる場合があります。しかし長続きせずあっという間に圏外へ飛ばされたりペナルティの対象となることのほうが多いです。

中古ドメインに貼られている外部リンクというのはジャンルが違ったり関連性がなかったりと、被リンク数が多くなるほどデメリットも大きくなるのが特徴です。

中古ドメインへ貼られている外部リンク

中古ドメインで運営するサイトと外部リンク先のサイト内容がマッチングしていても、それ以前に中古ドメインへ貼られている外部リンクが正しくなければ意味のないSEO対策となります。

意味がないどころかマイナスになる場合も多いため、リスクの多い中古ドメインを使って外部対策をするよりも新規ドメインで確実なSEO対策を行うほうがはるかにマシです。

参考:ドメインのSEO対策で絶対に知っておきたい3つのポイント

まとめ

SEO対策なかでも超重要な「外部リンク」について解説してきました。とくにGoogleが大事にしている「自然な外部リンク」の意味について熟知しておくことが大切です。

Googleがサイトを評価するときにもっとも重要視しているのが「外部リンク増加率」「クリック率」の2つで、ただ外部リンクを増やすだけではほとんど評価は期待できません。

しっかりとクリックされる陽性の外部リンクが増えることで初めて評価されるので、闇雲に自作自演で外部リンクを増やすことは避けた方が無難です。

しかし解説してきた7つの外部リンク対策をすべて施そうと思えば自作自演では完全にムリなので、最終的には「有意義なコンテンツの作成」をすることがもっとも効果的なSEO対策の近道になります。

SEO対策におすすめの資格!実際に受験したSEO検定の詳しい感想
SEO対策におすすめの資格として唯一ともいえるのが「SEO検定」です。実際に受験したSEO検定の詳しい感想や口コミ評判を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました