SEO対策ライティング「初心者向け」にわかりやすい7つのコツ

SEOの知識

こんにちはTana@seoといいます。ここではSEO対策におすすめの初心者向けライティングについて詳しく解説をします。

初心者ライターはSEO対策を身につけると、クラウドソーシングなどでも間違いなく単価アップにつながる即効性のある知識になります。(文章がやや苦手でもSEO知識のほうが結果的に強い!)

私も実際にSEO対策をとり入れたライティングを実践してマネタイズにつながっているので、ぜひ初心者向けのSEO対策ライティングとして真似してみてください。

SEO対策ライティング①文字数について

SEO対策ライティング①文字数について

クラウドソーシングなど記事を受注するときは依頼された文字数を書けばOKですが、自分でウェブサイトやブログ運営をする記事では「最低文字数」がSEO対策ライティングとして必要です。

上位表示をめざす場合

上位表示をめざす記事であれば、最低でも「800文字以上」のライティングが必要です。

また目標とするジャンルが激戦区であればSEO対策として3,800文字以上をライティングする必要があり、この激戦区には「士業・病院関係・法律関係」などが挙げられます。

最低限必要な文字数というのは実際に上位表示しているウェブサイトから見る平均値で、さらにライバルの文字数が多ければそれ以上に多くの文字数によるライティングが必要な場合もあります。

上位表示をめざさない場合

上位表示をめざさない場合のライティングは「500文字以上」が必要と言われています。

SEO対策のライティングをとして文字数は多いほどプラスに働きますが、上位表示をめざさない記事であればそこまで頑張ってライティングをする必要はありません。たとえばお問合せやプロフィールなど。

とくに文字数が多いほどSEOに有利といっても、取り組むジャンルとは関係のない記事内容になってしまうと逆にマイナスのSEO対策となるため注意が必要です。初心者であるほどこの傾向が強くなります。

SEO対策ライティング②目標キーワードについて

SEO対策ライティング②目標キーワードについて

目標キーワードはウェブサイトにとって一番重要な部分で、ここではSEO対策ライティングとして「出現頻度・近接率・分布率」を解説します。

出現頻度

目標キーワードは闇雲に入れればよいというものでもなく、トップページで「5~7%」サブページで「2~4%」という割合で含めることがSEO対策ライティングの基本になります。

出現頻度

この出現頻度はファンキーレイティングやohotukuなどのツールを使うと一目瞭然で、記事内にどれくらいの目標キーワードが出現しているのかがグラフと数字によって示されます。

目標キーワードの出現率が低い場合はGoogleの情報収集ロボット(Google bot)が重要な言葉として認識しないため、上位表示しずらい傾向にあるためライティング時に一定量を盛り込むことが大切です。

近接率

目標キーワードの近接率というのは複合キーワード同士の距離を示すもので、たとえば「ライティング 初心者」が目標キーワードであればお互いを近い場所において書くというSEO対策ライティングの技術になります。

実際に検索をしたときに検索キーワードの文字が、記事タイトルやメタディスクリプション内で太字に強調されます。このときに目標キーワード同士が遠ければ文章内に表示させることができません。

近接率

また検索結果で太字表示される以外にも、文章内で近い場所に書いてあることでGoogle botが関連している言葉と認識しやすいためSEO対策ライティングとしてより効果的です。

ただムリのある文章になるとSEO対策としてマイナスになってしまうので、自然なライティングを意識しながら目標キーワードの近接率を高めていくのがおすすめです。

分布率

上位表示しやすい記事の特徴には「目標キーワードの分散率」も大きく関係しており、記事内へどのように目標キーワードが散りばめられているかを示すのがこの分散率です。

人が文章を書くときは「伝えたいこと(目標キーワード)」が記事の初めのほうに多くなるという特性があることから、だんだんと少なくなっていき逆三角形の分布率になることが自然な姿といわれています。

分布率

基本的には文章全体にくまなく目標キーワードを散りばめて、とくに初めのほうに多くなるように意識することがSEO対策ライティングになります。

とくに初心者によくある失敗が、目標キーワードを詰め込もうとして最後のほうに多く出現するパターンです。文章校正として下のほうに多くの目標キーワードが分布している姿は自然ではないため、SEO対策ライティングとしてマイナスになってしまいます。

【超重要】SEO対策のキーワード設定について完全解説【初心者向】
SEO検定1級保持者のTanaが「SEO対策のキーワード設定」について完全解説します。初心者向けのSEO対策になります。

SEO対策ライティング③助詞「こ・そ・あ・ど」を変換する

SEO対策ライティング③助詞「こ・そ・あ・ど」を変換する

Webライティングには「こそあど」言葉というものがあります。

  • これ・それ・あれ・どれ‥代名詞
  • こんな・そんな・あんな・どんな‥形容動詞

「こそあど」言葉を名詞や動詞に置き換えることで、記事内により多くの関連する言葉を含めることになるためSEO対策ライティングとしてプラスになります。

とくに会話調でライティングをしているときに多く使うのが「こそあど」言葉で、いったん全てライティングをしたあとに推敲でチェックしてみると使っている場所がよくわかります。

SEO-internal-kosoado

普段なにげなく使っている言葉だけにライティングをしていて気付きにくいですが、この「こそあど」言葉を名詞に変換するだけでもかなり効果的なSEO対策ライティングになるものです。

ただし文章の流れによって全てを名詞や動詞に置き換えることは難しい場合があるので、文章が乱れない程度にできる範囲で取り入れていくことも大切です。

SEO対策ライティング④共起語をとり入れる

SEO対策ライティング④共起語をとり入れる

目標キーワードに関連する言葉が「共起語」です。この共起語を多く使うほど目標キーワードに対して専門的な内容であるとGoogleが認識しやすく、より上位表示に効果的な記事作成ができます。

たとえば「ライティング」の共起語には「記事・Web・文章・ライター」などがあり、これらの言葉を記事内に含めることがSEO対策ライティングになります。

共起語

また共起語を含めることで記事内のユニーク単語数も多くなるためSEO対策に効果的で、さらに目標キーワード以外のロングテールキーワードでも検索ユーザーの目につきやすくなるためトラフィック面における効果も期待できます。

結果的にサイト滞在時間が長くなったりと多くのメリットがあるので、この共起語をなるべく意識しながら文章を書くと効果的なSEO対策ライティングになります。

SEO対策ライティング⑤ムダな言葉を省く

SEO対策ライティング⑤ムダな言葉を省く

とくに初心者のWebライターによくあるのが「関係のない言葉」を入れたり、文章を長くしようと思って「余計な言葉」を執筆してしまうことです。

Googleの検索ロボットは関係ない言葉・余計な言葉があると評価を下げる傾向にあるため、SEO的にマイナスとなってしまいます。なるべくムダな言葉を省くこともSEO対策ライティングには必要です。

ムダな言葉

検索ユーザーの身になって文章を読んでみるとよく分かりますが、何かの解説をしているときに自分の感想などを入れてしまうと「余計な言葉」になります。感想文を書く場合はそれでもいいですが、解説を求めている検索ユーザーにとっての感想はムダにしか感じません。

このように文章内の「ムダ」を省くことでユーザーエクスペリエンス(UX)を高めて、さらに専門的な文章になるため効果的なSEO対策ライティングになります。

SEO対策ライティング⑥読破率を高める工夫

SEO対策ライティング⑥読破率を高める工夫

記事の読破率を高めることは「滞在時間の長さ」にも比例するので、SEO対策ライティングとしてかなり重要なポイントになってきます。

読破率を高めるために、もっとも必要なのが読み進めてもらいやすい記事構成。具体的には「起承転結」をさらに読みやすくする「結起承転結」でライティングすることがおすすめです。

この「結」がいちばん先頭にくる理由はまず結論を述べることで記事全体を把握でき、その根拠を知りたいと感じることで読み進めてもらいやすくなるため。

読破率

たとえば週刊誌や書籍なども表紙にインパクトのある言葉で「結」が書いてあることで、内容が気になって購入に至るビジネスであることが良いお手本になります。

また「結起承転結」の記事構成はサンドイッチ法とも呼ばれるライティング技術で、もっとも納得して読みすすめられる構成として多くのWebライターに使われている技法になります。

Googleが上位表示に求める指標としてもっとも大きな影響を与えるのが「クリック率&滞在時間」といわれており、読破率はこのうち滞在時間に大きく影響するためしっかりと意識してSEO対策ライティングをすることが大切です。

SEO対策ライティング⑦記事タイトルとメタディスクリプション

SEO対策ライティング⑦記事タイトルとメタディスクリプション

コンテンツSEOでもっとも重要といわれるのが「3大要素」ですが、この中でSEO対策ライティングに関わる要素が「記事タイトルとメタディスクリプション」になります。

記事タイトルの最適化

SEO対策をとり入れて記事タイトルを考えるときには、まず目標キーワードをなるべく先頭に盛り込むことです。先頭にくる言葉をGoogleはとくに重要と認識することが理由です。

また目標キーワードを単語の羅列で記載するのではなく接続詞を使って「意味の通じる文章」にすることもSEO対策ライティングには重要で、単語の羅列では低評価につながるため注意が必要です。

記事タイトル

さらに記事タイトル内に目標キーワードを2回以上使用することはペナルティの対象となる場合もあり、多くても2回までに抑えることが大切になります。

また記事タイトルを考えるタイミングはライティング前でも後でも構いませんが、記事内容とずれが生じないようにしながら読んでみたいと感じられる言葉で表現することがSEO対策ライティングとして必須です。

また目標キーワードが補足の言葉になってしまうとSEO効果が弱まるため、あくまでも「主語」になるよう意識して記事タイトルを考えることも重要なポイントになります。

メタディスクリプションの最適化

記事内容の要約という意味で使われるメタディスクリプションですが、ここでも記事タイトルと同じようにSEO対策ライティングをする必要があります。

メタディスクリプションに記載する文章内にもなるべく先頭のほうへ目標キーワードを含めるようにして、ここでも2回以上目標キーワードを含めることは推奨されません。

メタディスクリプション

またメタディスクリプションは記事ごとに、その記事の目標キーワードを含めて記載することがポイント。どの記事も同じ文章にならないよう毎回異なる文言で記載することが重要です。

とくにライティング初心者の場合は何度も目標キーワードを書いてしまう傾向にあるため、ペナルティの対象とならないためにも必要最低限に抑える意識をもつことをおすすめします。

ドメインに関するSEO対策はこちら。

ドメインのSEO対策で絶対に知っておきたい3つのポイント
ドメインのSEO対策で失敗しないためのポイントを解説します。実際に経験した実例も交えながらドメインのSEO対策について3つの角度から効果を検証します。

まとめ

SEO対策ライティングについてご紹介してきましたが、あまりSEOばかりに気をとられず「検索ユーザー」を中心にライティングすることが大切です。

SEO対策ライティングは検索結果での上位表示をめざす技術ですが、GoogleのランクブレインというAIは「クリック率&滞在時間」を指標として順位を決めています。

がんばってSEO対策ライティングにより上位表示に効果的な対策をしても、もう一方のユーザーエクスペリエンス(UX)が下がってしまうと順位は上がりません。

したがって上位表示に必要な「クリック率&滞在時間」の2つを両立させて、バランスの良い記事を書くことがSEO対策ライティングとしてもっとも大切な考え方になります。

こちらも併せてどうぞ

SEO対策におすすめの資格!実際に受験したSEO検定の詳しい感想
SEO対策におすすめの資格として唯一ともいえるのが「SEO検定」です。実際に受験したSEO検定の詳しい感想や口コミ評判を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました